国宝真福寺本古事記 


『国宝真福寺本古事記』の影印とテキストです。
『古事記』研究は、この『国宝真福寺本古事記』解読から始める必要があります。

クリックすると、『国宝真福寺本古事記』上巻の全文約80ページが表示されます。


冒頭のみです。

冒頭のみです。

凡例

@本ページの影印は、山田孝雄解説『国寶眞福寺本古事記』(立命館大学1943)を複写させていただきました。

Aページ数は、対照の便宜のため、小島憲之解説『国宝真福寺本古事記』(桜楓社1978)に合わせてあります。

B本文テキストは、「ALEXの寓居」からダウンロードさせていただいた『古事記』から、句読点や表示記号等を削除、真福寺本に合わせて改行してあります。

C原則として本文は黒色で表記し、施注は青色の小文字で表記しました。

D真瑜他による校正や書き加え等は、赤色の小文字で表記しました。

E現在該当する漢字のない文字は、■で表示してあります。

F解説した本文や注目すべき漢字等は、赤色またピンク等の色を付け、目立つようにしてある場合があります。

※気がついたテキストの差異等は直しましたが、まだ厳密な校正はしていません。
お気づきの点がありましたら、ご一報ください。

top|home



Copyright (C)2002 Satoshi Sekine All Rights Reserved.
since 1999